フォトアルバム
Powered by Six Apart

2018年10月23日 (火)

平成30年度「人権教育映画会」の開催について

Jinkenomote

Jinkenura

平成30年度人権教育映画会を、下記のとおり開催します。ぜひ、お越しください。

  1. 日時 10月26日(金) 開場:午後1時 開演:午後1時30分
  2. 場所 松井田文化会館大ホール
  3. 上映作品 「母べえ」(上映時間 132分)
  4. 入場料 無料(先着400名) 希望者は直接会場へ。 整理券不要。
  5. 主催 安中市教育委員会・安中市人権教育推進委員会
  6. 問合せ  教育部生涯学習課(内線:2245)

≪後援会事務局≫

2018年10月14日 (日)

安中市消防隊の秋季点検を行いました

10月14日、西毛運動公園野球場東側広場において安中市消防隊の秋季点検を行いました。

この中で茂木英子市長は「訓練を拝見し、点検者として誠に心強く感じた。西日本豪雨や北海道胆振東部地震など各地で災害が発生した。災害はいつ発生するか分からない。より強固な体制の構築が求められている。市民の生命財産を守るという崇高な消防精神、郷土愛を発揮し、市民生活の安定に一層の貢献をされるよう切望する。」と挨拶しました。

なお、これから空気が乾燥し、火災の発生しやすい時期になります。皆様におかれましても、火の元に十分注意をお願い致します。

Dsc08272

Dsc08290

Dsc08300

Dsc08328

≪後援会事務局≫

2018年10月13日 (土)

秋間梅林「梅うどん作り&竹細工体験」開催のお知らせ

20181103_akima

ぐんま三大梅林のひとつ、秋間梅林を拠点に活躍中の地域おこし協力隊・南畝朋佳さんが、秋間の梅を使って、珍しい薄ピンク色のうどん作りを企画しました。
11月3日(土)のみの限定企画です。予約受付中ですので、参加してみませんか?

群馬の粉食文化を支えてきた歴史ある手動製麺機を使用して、秋間梅林の梅を混ぜたうどん作りの後、自作の竹製そばおちょことお箸で出来立てのうどんをいただきます。
梅加工品のお土産付きで「梅づくし」な一日を味わえます。

詳細はこちらをご確認ください

≪後援会事務局≫

2018年10月10日 (水)

こうめちゃんが「ゆるキャラグランプリ」にエントリー!

Koumecyannirasuto1  ゆるキャラたちの年に一度のお祭りである「ゆるキャラグランプリ」に安中市のマスコットキャラクターこうめちゃんがエントリーしております。1日1回投票ができますので、安中市を全国にアピールするためにも、皆さまぜひ投票のご協力をお願いいたします。

投票終了日:11月9日(金)午後6時まで
投票にはメールアドレスの登録などが必要です。
投票・詳細は「ゆるキャラグランプリオフィシャルウェブサイト」からお願いいたします。

≪後援会事務局≫

2018年10月 8日 (月)

「あんなか祭り」に参加しました

茂木ひでこ市長は10月7日に市役所と周辺で開催された「あんなか祭り」に参加しました。

夕刻から開催された記念式典で茂木ひでこ市長は「伝統を守り、継承してこられた諸先輩方に心から感謝している。
私たちの安中市は素晴らしい歴史や文化がある。中山道を軸とした様々な街道文化、日本のマラソン発祥と言われる安政遠足(とおあし)、温泉マーク(♨)発祥の磯部温泉・・・ 私たちはこの歴史、文化を守り、次の世代に繋ぐ責任がある。
この「あんなか祭り」は小さな子どもからお年寄りまで様々な年代の方々が集うことで、安中の誇りを共通認識し合うことが出来る素晴らしいイベントだ。」と挨拶しました。

その後、会場では各地区のお囃子が披露され、とても盛り上がりました。

Dsc08246

≪後援会事務局≫

「中山道おもてなし事業」に参加しました

茂木ひでこ市長は10月7日(日)、旧安中高校テニスコートで開催された「中山道おもてなし事業」に参加しました。

安中市の山林の丸太を利用した丸太ベンチを作成し、中山道の街道に設置して、安中に訪れた方々に「おもてなし」をしようと企画されたもので、昨年に続き、2回目の開催です。
茂木ひでこ市長は丸太切りに挑戦。大きな鋸を前後に動かし、スタッフの手伝いのおかげで真っ二つに。すると場内から歓声と拍手が…

また、会場では丸太椅子やコースター作りの体験コーナー、大工伝統技術(大鋸・手斧・鉋)での実演などもあり、多くに方で賑わっていました。

Dsc08176

Dsc08186

Dsc08170

≪後援会事務局≫

2018年10月 7日 (日)

「もりのまつり'18」に参加しました

茂木ひでこ市長は10月7日(日)、学習の森で開催された「もりのまつり'18(もりフェス)」に参加しました。

この催しは市内外で活躍するバンド、DJなどのステージを始め、樹脂粘土、缶バッチ作りなどのワークショップなどの複合的なイベントで、今年で13回目を数えます。

オープニングセレモニーで「このイベントは多くの市民、ボランティアの思いが詰まっている。私も長く市民活動を続けてきた。自分の得意な事を通じて、安中を盛り上げていただくことが大切と思う。
今日はこの「もりフェス」と「あんなか祭り」が開催されている。21日には「フリーマーケット in あんなか」が、更に28日には「ハロウィン大作戦」が予定されている。これらは市民の方々が自らの得意な事を活かして地域を盛り上げようという「うねり」が続いている。
今日はもりフェスを通じて、素晴らしい安中を楽しんでください」と挨拶しました。

Dsc08155

Dsc08104

Dsc08093

≪後援会事務局≫

2018年9月28日 (金)

「丸山変電所」内部公開のお知らせ

Maruyama_2

市教委では、近代化遺産の全国一斉公開に合わせ国指定重要文化財「丸山変電所」の内部を下記の日程で一般公開し、旧碓氷線関連の写真などを展示します。期間中は、碓氷線文化財インストラクターガイドによる解説も行う予定です。
アプトの道を散策される際には、ぜひお立ち寄りください。

  • 日時:平成30年10月27日(土)~29日(月)、11月3日(土)~5日(月)計6日間
    午前10時〜午後3時
    ※荒天の際は公開を中止する場合があります。
  • 交通手段:横川駅から徒歩で約30分(上り)、峠の湯から約20分(下り)です。

碓氷峠鉄道施設についてはこちら(安中市観光機構のHP)をご確認ください。

≪後援会事務局≫

2018年9月17日 (月)

葛飾北斎巡礼の旅 2018≪安中・磯部温泉北斎セッション≫に参加しました

茂木英子市長は、9月10日、ホテル磯部ガーデンにおいて開催された「葛飾北斎巡礼の旅 2018≪安中・磯部温泉北斎セッション≫」に参加しました。

この企画は、北斎が80歳代になってから、江戸から約250キロ離れた長野県小布施にアトリエを持ち、江戸と4度往復して巨大な天井画や祭屋台の天井絵を描いたことに注目し、東京都墨田区と小布施を結ぶルートを『北斎巡礼コース』と名付け、11泊12日かけて巡る旅を造成するというものです。途中、熊谷や高崎に立ち寄り、その土地ならではのイベントを行うのですが、この日は磯部でのイベント開催でした。

学芸「人」葛飾ふとめ・ぎょろめさんにより北斎が描いた『上州妙義山』の紹介や、葛飾北斎とその娘応為の様々なエピソードを、市内在住で俳優の冷泉公裕さんが『ひとり語り』で聴かせてくれました。

20180910

Img_1690

Img_1728

Img_1738

≪後援会事務局≫

2018年9月12日 (水)

劇団ろしなんて安中公演に参加しました

9月8日、安中市文化センターホールにて行われた第47回劇団ろしなんて公演に先立ち、地元首長として挨拶しました。

この中で茂木市長は「約半世紀もの間、アマチュアの劇団が続けてこられたことは素晴らしい。安中公演は27回目。私も安中公演は主催者側として関わってきたので、感慨もひとしお。
劇団ろしなんての皆さんは生の舞台芸術を観劇させてくれる。舞台芸術は心に響き、心の豊かさを育んでくれる。
今、日本全体で台風や地震などの災害が発生している。そんな中、ボランティアの方々が助け合って頑張っている。出来る事でお互いを支え合うのは、心の豊かさがあってこそだ。
今晩は舞台芸術の鑑賞と共に、心の豊かさを育む時間にしていただけたらと思う」と挨拶しました。

なお、茂木市長は地域の文化活動を応援するため、ろしなんての安中公演が始まった1991年(第20回公演)より毎年、ボランティアスタッフとして参加しています。

Dsc07927挨拶する茂木ひでこ市長

Dsc07948公演の様子

≪後援会事務局≫